2010年08月23日

*リレーフォーライフ2010in室蘭*

今週末、8月28日(土)〜29日(日)

”リレー・フォー・ライフ2010 in 室蘭”

が開催されます。

どんな内容のイベントなのか、ご存知ですか?


〜リレーフォーライフ がん患者支援チャリティーイベント〜

リレー・フォー・ライフ(命のリレー)は、がん患者さんやご家族、その支援者らが公園やグラウンドを会場に、交代で24時間にわたって歩き、がん征圧への願いを新たに絆を深め合う寄付イベントです。寄付金は広く対がん活動に使われます。1985年にアメリカ人外科医が、がん患者を励まし、対がん運動組織に寄付する目的で「がんは24時間、眠らない」「がん患者は24時間、がんと闘っている」をメッセージとして、フィールドを走ったことから始まりました。


今年の詳しい開催内容は、リレー・フォー・ライフ2010 in 室蘭のHPをご覧ください。


bdy0810090832002-p1.jpg


昨年から、ボランティアで参加させていただいております。

昨年は、卒業生さんやセラピスト仲間の皆さんにもお話して、

同じ思いを持ってボランティアに参加していただきましたぴかぴか(新しい)

今年も、日鋼病院ホスピスのアロマセラピーボランティアでの

ブースで参加させていただきます。



優boxでは、年末にお客様からの御代の1%を

日本対がん協会様へ寄付させていただきました。

そのときの記事はコチラ

お客様の気持ちも優boxと一緒に届けます黒ハート



先日、私自身、婦人科健診を受けてきました。

そのときの記事はコチラ

「へ〜、優boxってそんな活動もしているんだー!」

と思ったあなたっ!!!(笑)

思うだけではいけませんよ。

私がどんな活動しているかを知ることは何も必要なことではなくて、

ご自分の気持ちを、身体を、改めて見つめなおし、

しっかりと検診へ向かう気持ちを持ってほしいと思うのです。

ご自分の身体を知ることの大切さをぜひ考えてほしいと思います。

あなたが大切に想う人の”大切な人”は、あなたです。





優boxとして、出来ること。。。


ボランティアを通じて、”ひとりの女性”として、活動をすること。


お客様皆様の優しい気持ちを、年に一度の寄付として、

対がん協会の活動へ使っていただくこと。


そして、私自身が、検診を受けて、

お客様へ、そしてその先につながっている女性へ、伝え続けていくこと。。。



こんな小さな啓発活動ですが、

今の私として、背伸びせずに、これが精一杯の出来ること。

思っているだけじゃなく、小さな行動を続けることを大切にしていきたいと

そう思っています。



私は、8月28日(土)午前11時から午後3時まで

開催場所、アロマセラピーブースで活動しています。

売上は、運営費を差し引いてすべて寄付されます。


リレー・フォー・ライフ2010 in 室蘭のHP

posted by 優box at 14:08| 北海道 🌁| Comment(2) | カラダとココロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

ひとりの女性として。<婦人科検診>

今日、婦人科検診(乳がん検診+子宮がん検診)を受けてきました。

自分の身体を粗末に扱っているわけではないのですが、
娘の出産後に受けた子宮がん検診以来、8年ぶり。。。

身体に触れさせていただくセラピストとして活動していく中、
いろいろなきっかけをいただき、
ちゃんと自分の身体と向き合おうと思うようになりました。

「忙しい」という言葉を理由にして、
延ばし延ばしにして、
日常では忘れてしまうような、
そんな生き方はいけないなぁと自分自身を反省したりたらーっ(汗)



私は昨年4月から、ホスピス(緩和ケア病棟)での
アロマセラピーボランティアへ参加しています。
そして8月には、リレーフォーライフ北海道in室蘭に参加させていただきました。
アロマボランティアの皆様と優box卒業のセラピストさんたちと一緒に、
参加者皆様への心からのケアを施しました。

そんな貴重な経験をさせていただいている中、
「優boxとして、何か出来ることはないか」と考え始めました。
まず考えたのは、優boxは女性専用サロンでお客様は皆様女性。。。
お客様から頂いた施術料の1年分の1%を、
日本対がん協会のほほえみ基金へ寄付をさせていただきました。

12月21日記事次項有 お客様と共に。<ほほえみ基金>


そしてそのときにも私自身が決めていた次の行動は、
「私が検診を受ける」ことでした。




今回は日鋼記念病院で受けることになりました。


すべてのコーディネートは健診センターが行ってくれています。
健診センターの方はとても丁寧で優しい対応をしてくださいました。
問診表に記入して、案内してくださる通りに各科での受診になります。
午前10時〜だったのですが、終了したのは午前11時半でした。

流れはこんな感じでした。

まず3階の健診センターを伺うと、わかりやすく説明をしてくれます。

マンモグラフィから始まります。1階のレントゲン室に向かいます。

片方ずつ、上下、左右にはさむ形でのX線撮影になります。
少し痛かった。。。もう1週早ければ痛くない時期だったのです。
(おすすめの時期があるのですね。)
レントゲン技師さんは女性で安心でした。
健診センターに、レントゲンフィルムと共に戻ります。

少し待ってから、レントゲンフィルムと共に1階へ。
外科で、乳がん検診の中の触診を受けます。
お医者さんは、男性でした。
両手で、トントンという感じで細かく縦に触れていきます。
あっと言う間に終わりました。

それから2階に上がり、婦人科で子宮頸がん検診。
直接内診室に案内され、ゆっくりと5呼吸くらいの間に終わりました。
お医者さんは男性でしたが、ここでは医師とは顔を合わせることはありませんでした。
カーテン越しに声をかけてくださり、気遣ってくださっているのが伝わりました。

終了。そのまま帰れます。後日、郵送で検査結果が送られてきます。



出産経験のある私でさえ、少し抵抗のある婦人科検診ふらふら
けれど、しっかりと自分の身体がどうなのかを見ていただくことは大切ですね。
これからは毎年検診に行こうと思いました。


ちなみに…室蘭市は平成22年4月〜平成23年3月末まで、
20歳以上の偶数月産まれの方は1700円で子宮頸がん検診が受けられます。
さらに40歳以上の偶数月産まれの方は2200円でマンモグラフィが受けれます。
奇数月産まれの方は、平成23年4月からの1年が助成金対象になります。

日鋼記念病院での、検診の通常料金は(本日現在)
◆乳がん検診 4,200円
◆子宮がん検診  
 @子宮頚部細胞診            6,100円
 A子宮頚部細胞診+経膣超音波検診    7,750円
 B子宮頚部体部細胞診+経膣超音波検診 10,050円
となっております。

すべて、事前のお申し込みが必要となります。
日鋼記念病院の検診センターへ、電話でお申し込みができます。
予約受付 → 0143−22−3553(直通)
       月〜金 9時〜16時



   あなたが想う大切な人の、

   心から大切に想う人は、

   あなたです。



大切な人たちを、本当に大切に出来るのは、
自分自身も大切にしていけるからだと感じます。
私がきっかけをいただけたように、
皆様のきっかけになれると嬉しいですぴかぴか(新しい)

優boxとして出来ること、小さいけれどこんな啓発活動です。
誰かからまた誰かへつながっていきますように。。。



posted by 優box at 17:15| 北海道 ☔| Comment(0) | カラダとココロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

溜め込む身体になってませんか?

優box地方は、今日は雨の七夕になりそうです曇り

織姫と彦星、夫婦なのですね黒ハート
私はずっと恋人同士なのかと思っていました。

雨雲の上で、再会できていることでしょうね黒ハート






暑くなったり、涼しかったり、ムシムシしたりと
天候の変化に身体は順応できていますか?

むくみが出てくるのも案外この季節だったりします。
溜め込んでしまうカラダになってはいませんか?


私もビールが美味しくて、グビグビ、プファ〜ビールと呑んでいますが、
翌朝のむくみ具合がいつもより多かったりしています。

汗をかく分、水分補給をしなくてはいけないのに、ビールが美味しい。
堂々たる悪循環を招いています(笑)
ビールは水分ではないのですよね。
夜も暑くて汗をかく分、体内の水分はいつもより少なくなり、
解毒しなくてはいけないアルコールはカラダに大きく作用します。
汗をかいて代謝がよくなっているからむくまない!というのはちょっとおしいっっ!
ちゃんとキレイな新しい水をカラダに取り込んであげなくては!
ナトリウムとカリウムのバランスが崩れて、むくみを招いてしまいます。
アルコールを呑む時は、同じ量の水も一緒に摂るexclamationが理想。
…イヤイヤあせあせ(飛び散る汗)ビールのつまみに  みたいでイヤだなぁ(笑)


カラダは本来、摂取した新しいものから必要なものだけを摂り、
不要なものを排泄するようになっています。
便、尿、汗、痰など、すべてが不要なものを体外へ出すようにカラダが作用しているのです。

便秘ではないですか?
運動して汗を流していますか?

カラダに 毒 となるものを取り入れないように、気を使われている方が多くなっています。
それと同じくらいに、体内の 毒(老廃物・不要なもの)をしっかりと外へ出すことが大切です。
どんなに食べるものに気を使っても、
飲む物に気を使っても、
どんなに体にやさしいものを摂取しても、
必ず不要なものは、便や尿などで出てきます。
うまく外へ出せないようなカラダのシステムでは、
そのカラダへの気遣いや思いやりも無駄になってしまいます。
そして、溜め込んでしまったカラダは、
その不要なものを外へ出すために他の手段を考えます。
それが皮膚や内臓などの弱い部分に出てきて
体調の不良、そして病につながっていくのです。。。コワイですねもうやだ〜(悲しい顔)


毎日、小さな体調の変化に耳を傾ける。
自分のカラダが今、どんな状態でいるのかを感じ取る。
そんな毎日を過ごしたいですねるんるん


お客様のカラダに向かい、耳を傾けながら、
伝わってくるものを感じ取れるようにしていると、
自ずと自分のカラダを整えることにも気持ちが入ります。
整い、安定し、穏やかな心身でいなければ、
お客様のカラダにしっかりと向き合えないと思っています。



…あはっわーい(嬉しい顔)こんなことを考えている私。
実は、昨日から風邪を引きました。
それでこんなこと考えていたのです(笑)

けれど、適度に体を動かし、トリートメントを受けて、
大根の甘酢漬けを食べたら、今日はだるさが抜けました手(チョキ)
回復できる、私の体の免疫力に感謝です黒ハート




ひらめき大根の甘酢漬け…大根を塩もみして水で塩をさっと流し甘酢につけるだけ。
            大根の辛み成分とビタミンCが風邪に有効!!!お試しあれっ!
            美味しい春大根くれたYちゃん、感謝ぴかぴか(新しい)



posted by 優box at 10:17| 北海道 ☁| Comment(2) | カラダとココロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

向き合ってみつめて。<PMS>

PMS<月経前症候群>、聞いたことがありますか?


『月経前症候群(げっけいぜんしょうこうぐん)とは、月経の2週間ないし1週間位前からおこり、月経開始とともに消失する、周期性のある一連の身体的、および精神的症状を示す症候群(いろいろな症状の集まり)である。』


アロマのお勉強のときも、健康のお勉強のときも、
この PMS については触れられていました。

自分の身体と向き合いながら、生活するようになってから、
私自身がこの PMS<月経前症候群>であることに気づきました。


◆日中やたらと眠たい
◆夜中に目が覚める
◆下腹部の張り
◆乳房の張り
◆下腹部痛(生理痛のような)が月経初日の3日前にある
◆便秘
◆お酒に弱くなる(すぐに酔っ払う)
◆怒りっぽくなる
◆掃除好きになる
◆朝、何もしたくなくなって寝坊する率が高い


私の症状はこんな感じで、ほぼ毎月同じようです。
私だけが特別このような症状なのではなく、
きっと女性は少なからず、PMSの症状をもたれていると思います。
気づくか気づかないかだけの違いだと思うのです。


病院へ通ったり、サプリメントなどを頼ったり、
様々な方法でPMSを改善することが出来るそうです。


けれど、まずは治療を考える前に、
そのPMSのときの、自分自身の身体を観察し、みつめてみる。
そのときの私の身体が心が、どんな風になり、どんな症状を感じ、
どこに不快感があるのか。
まずは、ひとつひとつ感じてみる。
また次の月も、同じように感じてみる。
「あ、先月も同じだった」と気づくと、
不快感は減るように感じたりもしました。
事前に、自分の身体や心がどうなるのか、
それを知っているのと知っていないのとでは、
身構えや準備が変わってくるのでしょうね。


今、私自身のPMSと付き合う対策は、
まずは、変化をみつめること。知ること。
そして、身体を冷やさないこと。温めること。
こうなるであろう予測と共に、
そのときをどう快適に過ごすかを予定しておく。


改善のためにいろいろ試すこともいいのかもしれませんが、
自分の身体を知り、うまく付き合っていくこと、
排除するのではなく共存することもいいものだと思います。



PMSについて書かれているサイト⇒>>PMSとうまくつき合う<<




posted by 優box at 16:26| ☔| Comment(0) | カラダとココロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

食べる。

連休、いかがお過ごしでしたか?



私はこの連休、いろいろありました。
いろいろ…といっても、事件勃発むかっ(怒り)とか、
そんな大それたことではなく、いろいろと楽しい時間が続きました。



1日目:サロン→スクール→牛タン&ビールビール
2日目:サロン→家族でお出かけ→茹で鶏&ビールビール
3日目:サロン→ファイターズTV→活タコ&ビールビール


3日間とも、もうすぐシーズン終わりの”越冬キャベツ”も
マヨ味噌南蛮でいただきました♪


美味しいホッキ貝を頂いたので、
3日間で、ほっき刺、ほっきバター、ほっきカレーも楽しみました。
好きなものなので、貝からはずしおろすのも面倒がらずに。。。
それにしても、あの砂…最初にほっき貝を食べた人は偉いなぁー(笑)






   





いろいろありました。 → いろいろ食べました ですね。
気づけば毎日、始まりは【サロン】で終わりは【ビール】
好きなことと美味しいものとお酒るんるん
食べすぎかな?と思いながらでしたが、たくさん食べたのではなく、美味しく少しずつ。
そしてサロンワークでほんのり汗ばみながら身体を動かす。
便通も良く、体重も体脂肪も変化なしでした。


3食、規則正しくは食べていません。
朝食5時間後に昼食、昼食7〜8時間後に夕食。
そんなリズムが身体には良いそうですが、
たまにはお腹を空にしてみることも身体を整えるためには良かったり。
1日2食の日もありましたが、体調良好グッド(上向き矢印)です。



そして、牛タンは仲良しのお友達と、近況をたくさんおしゃべりしながら楽しく。
その他の日は、家族で、笑いながらしゃべりながらのんびりと。

何をどれだけ摂取しなくてはいけない とか、
規則正しく食べなくてはいけない とか、
しっかりと噛んで食べることももちろん大切ですが、
楽しく笑顔の中で食べる、
食べれることの幸せや、食材を楽しむ、それも大切だと思います。
カラダにとって「食べる」こと以外に、
ココロにとって「食べる」ことも大きな作用があると思うのです。

「食べる」ことって楽しいです。
食べるにまつわるすべてのこと(考えたり作ったりも含め)が楽しいと思います。





**************************************




この連休中のお客様、4月から転勤になったご報告をいただきました。
お別れが寂しかったりもしますが、
新転地でも、きっと楽しい毎日が待っていることと思います。
「またいつか、転勤でここに引っ越してくることがあったら
ボディケア、お願いしますね。」
とおっしゃってくださいました。。。
その頃は、私もおばあちゃんかもしれません(笑)
それでも、セラピストでいます!



春。
旅立ちや、お別れや、出会い、新たなスタート。。。
環境の変化に、カラダやココロがついていけないときもあると思います。
頑張りすぎずに、忙しい時間を割いてでも、
自分のココロが、自分のカラダが喜ぶことができる時間を作ってくださいね。




posted by 優box at 12:48| ☁| Comment(4) | カラダとココロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

体と心のバランスを整える<自律神経>

ケーススタディ(症例別レッスン)中の生徒さんの施術確認に行ってきました。
そこでこんな質問を受けました。

『左右の足で体温が違うのですが。。。』


私はお医者様ではないので、その症状についての診断はできません。
けれど、生徒さんのレッスンに協力してくださっているモデルさんの悩み、
8回のケーススタディ中に何かできれば…と思っております。


私も、ここ最近忙しさを理由に、自分のカラダと向き合う時間が減っていました。
じっと自分のカラダを感じていると…
左手の人差し指だけが冷たかったり、
冷え性でないのに、足が冷たかったり。。。
ひとつ考えられることは 自律神経の乱れ です。

自律神経は、自分のカラダの中にありながら、
自分の意思で動かすことの出来ないもの。
無意識的に反射的に身体機能を調節してくれています。

環境の変化やストレス(心的要因)によってバランスが崩れることがあります。

【不定愁訴】って知っていますか?
右斜め上去年の今時期に書いた記事。
その症状によって、様々な症状があらわれることがあります。

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、
そのバランスが保てれば、症状が消えたり、軽減できることもあります。
日中は交感神経が活発になり、夜は副交感神経に切り替わります。
朝、副交感神経から交感神経への切り替わりがスムーズにいかなければ、
起きることがつらかったり、体温が上昇できなかったり、
眠気を感じたり、そして代謝も悪くなったり。
逆に夜、交感神経が活発なままで居ると、
なかなか寝付くことが出来なかったり、手足が冷たかったり、
眠りが浅かったりします。
ゆったりとした時間を過ごし、自分らしい睡眠導入時間を作ることも大切ですねぴかぴか(新しい)

自律神経による身体機能には、呼吸、体温調整、心臓の拍動などがあります。
冒頭に、「自律神経は、自分のカラダの中にありながら、
自分の意思で動かすことの出来ないものです。
無意識的に反射的に身体機能を調節してくれています。」
と書きましたが、その中で唯一意識的に調整できるものがあります。


それは、呼吸

ストレスを感じているとき、慌しさの中に居るときって、
呼吸が浅かったりしますね。
ここ最近の私の体の状態を振り返ると、浅い呼吸で生活をしていました。
ちゃんと換気が出来ていないだけではなく、自律神経にも影響があるのです。

ヨガやトリートメントでは、長い時間深い呼吸を繰り返し、
その呼吸だけでもカラダにとってはうれしいことですねるんるん





慌しさの中でも、ちゃんとお休みしてくださいね。
忙しいときこそ、自分のカラダと向き合い感じ取る時間を持ちましょう。
自分のカラダを知り、感じること。。。
大切にしてくださいね。





posted by 優box at 12:54| ☁| Comment(2) | カラダとココロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする