2011年01月22日

すてきなじぶんをしってほしい

冬休みが終わり、元気に学校へ通う娘雪
毎日30〜40分、雪道をテクテク歩いていきます。
我が家の裏は 遊歩道 になっていて、そこを歩いていくのですが、
毎朝、私は居間の窓からその姿を見送ります。
見えなくなるまで、振り返って手を振ってくれる娘を見ながら、
何年生になるまでこうして振り返って手を振ってくれるのだろう。。。
と考えてみたりします。

成長って、本当早いです。

雪が解けたら3年生ですもの。

昨日、学校の宿題で、せいかつの授業で使うプリントを持ってきました。
”すてきなじぶんをしってほしい”
という、自分で自分の幼少期からのことを書くそうです。
その事前準備で、生まれたころのことから成長の様子をインタビューしてくる
という宿題です。
写真も使うそうなので、昨夜、アルバムを出しました。
アルバムには…
誕生のその日からの小さな赤ちゃんの娘がいますぴかぴか(新しい)
とっても懐かしい。
8年という年月が、本当に短く感じています。
娘にとっては、記憶のない自分が写真の中にいて、
それはそれでとっても面白いらしく、
わんちゃんやお家、お父さんやお母さん、
見慣れているものの写っている中に、ちっちゃな自分がいる。
楽しいようです(笑)


インタビューのプリントを見ると、
数項目の質問の中に『名前のゆらい』とあります。
娘の名前の由来は…
私にとって、我が家にとって、
とても大きな出来事があり、そうしてつけた名前なのです。
娘はその出来事を知っているのですが、
それを2年生の娘の言葉で、人にうまく説明できるのかどうなのか、
そこは不安がありますが、
包み隠すことなくお話したいと思っています。




人生、ひとりひとつずつ。
いろんなことが、あります。
どれも一緒じゃなくて、
似ているものも、同じものは一つもなくて、
どんなことも、
経験をしたその人でなければ、
そのことを感じることは出来ません。
言葉は、気持ちの半分も伝えることは出来ないけれど、
人間には言葉という文化がある。
伝えるための手段の一つとして
言葉を使うことの大切さを感じます。
きっと、関わってくれる人たちと繋がっている部分が、
人生を楽しく深くしてくれているのでしょうね。
世界にとって、私の人生なんて、
塵や埃のようなものであるけれど、
私にとって、私の大切な人たちにとって、
関わってくださる人たちにとって、
意味のあるものであるということを忘れずに、
大切に丁寧に生きることを
今日また改めて考えました。


今日も一日お疲れ様でした。
お休みの時間がこれからという方は、
あなたの大切な人との貴重な時間を
ゆったりのんびりお過ごしくださいね三日月




posted by 優box at 19:14| 北海道 ☁| Comment(2) | 子育て・家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お元気でしたか〜?
久しぶりにのんびりとパソコンに向かいお世話になっている方々のブログを読ませて頂いています♪
いろいろ頑張っているんですね〜 素敵っ
優boxさんへは遠くてなかなか行けないけど
是非一度バリニーズを体験したいです!
頑張って下さいね(*^_^*)
Posted by ココン at 2011年01月25日 14:15
ココンさま☆

お久しぶりです。
お元気でいらっしゃいましたか?
私はのんびりと過ごしております。
お忙しいと思いますが、是非いらっしゃってくださいねっ!
寒さの折、ご自愛くださいませ。
Posted by 優box at 2011年01月27日 10:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。